神奈川片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
17時までです。
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

庭石の撤去の工事を依頼しているが、工事の前に近隣に挨拶文を出したりはしないのか?近隣の住人から、騒音で苦情が来ている。

その苦情の対応のために、急遽仕事を休んで謝りに行く羽目になった。

見積書が届くのも遅かったし、不備が多すぎる。

事実確認

事前に両隣には挨拶しましたが、今回は隣の隣の住人の方から苦情が来ている状態でした。

お客様宅の両サイドで、片側がアパート、片側が戸建ての建物でした。

戸建ての方は菓子折りを持って挨拶に行きましたが、ご不在で、出来ないままでした。
アパートは住人が多い為、行っていませんでした。

見積書に急いでいないとお聞きしていたので、「見積書は後で出せばよいだろう」と独断で判断してしまいました。

神奈川片付け110番からのコメント

この度は、確認不足により、お客様へ多大なるご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。

見積書の納品日については、お客様からのご要望や、ご要望が無い場合は納品予定日をお伝えし、許可を頂くべきでした。近隣の方へのご挨拶も、作業スタッフの考えで行うのではなく、お客様に挨拶の範囲のご要望を事前にお聞きすべきでした。

今後は、一方的作業スタッフの考えで判断をせず、ご依頼者さまであるお客様への確認をしっかり行っていくよう、社員一同徹底した認識のもと、細心の注意を払っていきたいと思います。