神奈川片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
今回のプレゼントは17時までです
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

病気になったことがきっかけで3DKの部屋をゴミ屋敷にしてしまい、家庭ゴミが溜まってしまったので、片付けとゴミの処分を依頼した。

会社の寮で、費用もある位程度までは会社から支給されるので、事前に見積書が欲しかった。

それを伝えると、見積もりを提案されたの、お願いした。

実際の作業も予約したが、当日の作業で、作業員に捨てない予定の子供のアルバムを捨てられてしまった。

必要なものだったのに何で捨てたのか!返してほしい!

事実確認

お見積りにお伺いした際に、「前日までに残すものはお客様で分けておく」というお話で約束していました。

回収のお約束日時でお伺いしたところ、仕分けの作業が一切できていない状態だったため、お客様のご要望もあり、お客様と一緒に仕分けをしながらの作業になりました。

こちらでは必要な物の判断ができかねますので、お客様に不要なものをはじいていただき、不用品だけの状態のものを作業スタッフでゴミ袋に詰めて積み込みをする、という流れで作業いたしました。

積み込みが終わったころに、お客様より「子供のアルバムがない!」と言われました。

付き添いの男性より、お客様のご病気関係のご事情があるので気にせず回収して帰ってもらって構わない、とご指示をいただきましたので、回収品を降ろす時に探してみて、見つかったら郵送させて頂きますとお伝えして完了となりました。

神奈川片付け110番からのコメント

この度は、必要品の紛失の可能性から、お客様にご不安を与えてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

仕分け頂いたあとのものを詰めている、という認識から、お客様の見落としの可能性まで考えておらず、今回お客様のご心配を生んでしまいました。

今後は、ご理由があって付き添いの方がいらっしゃる場合は、ご依頼者さまのご体調などもお伺いの上、細心の注意を払い、不用品回収作業に当たるよう、改善に努めて参ります。